女性をイラッとさせる男性の昭和的価値観

話題女性をイラッとさせる男性の昭和的価値観家事と子育ては女の仕事女は喫煙するな専業主婦は楽女の浮気は重罪

こんな古くさい人はヤダ!男性が口にしがちな昭和的価値観9パターン

夫婦共働きが当たり前になったり、草食男子肉食女子が登場したり、昨今は男女の価値観が大きく変化しつつあります。そんななか、昭和全開の古い価値観を持ち出すと、女性にこの人との結婚は無理と思われる危険も。そこで今回は、オトメスゴレン女性読者へのアンケートをもとに女性がイラッとする、男性が思わず口にしがちな昭和的価値観をご紹介します。

1女であれば家事全般は出来て当たり前

こういう人って女は家庭に入って、家のことをやっていればいいと思っているんですよ!20代女性など、家事を女性に押し付けようとする男性の思想にイラッとするパターンです。男女問わず家事はできたほうがいいと言いたいのであれば、女であればといった表現は控えましょう。

2男が喫煙するのはアリだが女はダメ

自分だけ吸っていいとか、話にならない20代女性など、不公平きわまりない押しつけは、女性に激怒されるのが落ちでしょう。彼女にどうしてもタバコをやめてもらいたいのであれば、君の健康が気になるや一緒に節約してお金を貯めようなど、ポジティブなアプローチが必要ではないでしょうか。

3専業主婦になれるから女は人生が楽

夫が高収入でない限り、専業主婦に簡単にはなれないし、なりたくもない20代女性のように、男性のまったく現実的ではない物の見方に女性が呆れるケースです。とかく男性は厳しい社会環境で働く男のほうが女より大変という発想を抱きがちですが、それは何の根拠もない、ただ女性をイラつかせるだけの考えだと覚えておきましょう。

4朝起こすのは女の役目

母親じゃないんだから、私に甘えんな!30代女性など、マザコン全開の発想にぶち切れられるパターンです。男女問わず、早く起きるほうが遅いほうを起こす。これが結婚後、共働きになったときの自然な考え方でしょう。

5基本的に男のほうが頭が切れるので、アイデアを出すのは男性

男尊女卑の典型で呆れる20代女性など、いまだに平気で男女差別的な発想をする男性はほとんどの女性に引かれます。彼女と自分を比較し、優位に立ちたいと考える精神性自体が幼稚であると自覚しましょう。

6女の浮気は男より罪が重い

ここまでくるとアホらしく笑える20代女性など、男女平等を完全に無視した価値観に女性に相手にされなくなるケースです。こんな発言しただけで、即別れるわ20代女性という意見もあるので、冗談でも口にしないほうが賢明でしょう。

7子どもの教育や世話は女の仕事

こういう発言、本当にガッカリします20代女性など、男性が子育てのサポートを放棄する姿勢に、女性がどん引きするパターンです。ほとんどの女性は夫婦で協力し合う家庭像を思い描いているので、共同作業を拒否した瞬間に失望される可能性が高そうです。

8女はみんなピアノができる

こんなこと言っているヤツは、テレビやマンガの見過ぎ20代女性など、どこかで植え付けられた古風な女性のイメージを、あたかも現実のように話して引かれるケースです。そもそも習い事は家の方針で大きく異なるもの。女性の家庭の価値観を否定するような発言は絶対に控えましょう。

9ドライブにおいて運転は男の役目で女の役目は地図を見ること

時代錯誤はなはだしい20代女性など、男はメイン、女はサポートといった思想が見え隠れする男性の言動に、女の子が激怒することもあるようです。特に彼女が免許を持っているにもかかわらず、運転は男の役目などと口にしたら、ドン引きされること間違いないでしょう。

ほかにも女性がイラッとする、男性が思わず口にしがちな昭和的価値観はあるでしょうか。皆さんのご意見をお待ちしております。

女は黙って男に股開いとけや

その程度の存在価値しかねーんだから

今の時代でもガキの世話や家事やれねー女は結婚する資格ねーだろ

あと、俺も男性であるここのブログ主の意向としても言って置く。

男にとって金食い虫な女や矢鱈と男に噛み付く女は、

何処へ行っても厄介者でしかない。

今時の女たちなればこそ

現実の世の中は我が強ければ何とかなるとは限らんのを

キチンと理解するべきなのだよ。

ちなみに、ここのブログ主の知り合いで現在生活保護需給生活している女で

IMさん(55)は、若い頃、旦那のDVが原因で離婚したとは言ってたが

実際ブログ主が知った所によるとIさんは、何かとああ言えばこう言う性格で

旦那の言う事に従わず喧嘩になる度に

この記事における女の言い分みたいなのを持ち出して講釈垂れてばっかな為に

とうとう旦那さんは我慢の限界に達し、離婚を言い出したのだ。

あらまあ、屁理屈ばかりじゃ旦那さんを怒らせてしまうですわね?

それで、そのIさんは離婚するに当たって、慰謝料とか

養育費を貰えたのですか?

それがブログ主が知った限りでは、どちらも受け取れなかったのだよ。

どうして、そうなったの?

法律的には受け取れるんでしょ?

お前、話を聞いて無かったのか?

そのIってオバサンは、ブログ主が聞いた限りだと

旦那さんにとってクソ生意気で

言う事にいちいち逆らってばっかで、女房としても扱いにくく

産んだ子の母親としても半人前だったんだよ。

それで離婚に及ぶに当たって、そのIってオバサンが

若い頃、遊んでばっかで不勉強なため世間知らずなのを逆手にとって

頼んでおいた弁護士と相談し一計を案じ巧みな方法を用いたんだよ。

その一計って?

その旦那がIと離婚するに当たって

どうやって慰謝料も養育費もビタ一文払わないで済んだのかは

このブログを読んでいる方で過去にIと同じ様に

自分が法律はおろか世の中に無知だったのを逆手にとられて

相手に煮え湯を飲まされた経験をなされた方なら

もうピンと来ているはずだ。

でも、その元旦那さまだった方は

どうして離婚した方とそのお子様たちに養育費も生活費も

与えなかったのですか?

そういうのは法律的にも道徳的にも良くないはずでしょうに。

その辺はブログ主の憶測でしかないが

ブログ主がその元旦那の視点で考えた所によると

下手に世の離婚した相手と同じように、対価を支払うと

離婚した相手は次の相手が見つまでにしろ、あるいは終生独身貫いたにしろ

元旦那が離婚された立場であるのを良い事に

こちらの金で楽をしてしまい自分の生活費を自分で稼ごうとしなくなると思い

心を鬼にして、ああいう風に無一文で離婚するっていう判断に

元旦那は及んだのだ。

それじゃあ、子供たちの方は可哀想だよ。

無論、元旦那の方もその辺は考えた事もある。

だが、世間一般じゃ養育費は母親の口座か手渡しで

渡されてしまいその使い道を元旦那側は知り様が無い。

理不尽な言い方で悪いが世の親権を自分側にした状態で

夫と離婚した母親、皆が皆、元夫側が支払う養育費を

ちゃんと子供のために使う方ばかりでは無いのは

今年あった夫と離婚した母親ゆえに子供が被害者になる

事件が多発したのを見ても判るだろう。

今年、母親による虐待が原因でさして育たず亡くなられた

子供たちも見てみろ。

この子供たちの基本的な共通点は

母親に保護者としてのやる気がまったく無いって事だ。

仮に養育費を元旦那が馬鹿正直に支払っても

母親の方が喫煙や飲酒やギャンブルや最近付き合い始めた男のために

使っちまったりするってあり得ない事じゃねーだろ?

だからこそ元旦那としてはそのIさんが離婚してからの

最初の半年の間にパートするなり何なりして

社会の人と真面目に付き合ようになり

世の中に受け容れられるだけの姿勢が示されたら

改めて養育費と慰謝料を利息つけて支払おうっていう考えだったと

ブログ主は元旦那の視点でそう考察したのだ。

へえ。その元旦那さまってそういう深いお考えの方だったんですね?

無論、あくまでもブログ主の憶測や考察でしかないけどな。

けど、どうしてそのIさんは生活保護受給者になってしまったんですか?

お前なあ。さっきの話、何を聞いてたんだよ?

いちいち旦那に噛み付く生意気っぷりが際立つようなオバサンだぜ?

旦那との離婚原因を招くくらいの性格だぞ?

パートを始めたとしてもそこの雇い主や先輩従業員にとっても

すぐに生意気っぷりを発揮してクビになるは必定だろうが?

その性格もだが、そもそもそのIさんは社会性人格障害らしくてな?

他人の叱責を自分に対する喧嘩腰の言動と受け取ってしまうし

他人からの冷やかしからかいを自分に喧嘩を売ってるとしか解釈出来ないんだよ。

そういう意味ではおバカとよく似ている。

お前なぁ。

あんなのと一緒にすんなよ。

オレの場合は相手の方が無茶苦茶性格が悪く

こっちが下手に出ると舐めてかかって来るから

涙を飲んでしばいてやるしかなかったんだよ。

それを世間では粗暴で野蛮な振る舞いっていうんです。

まあ、何だ。

一口に昭和的価値観といっても

特亜儒教のようなタイプもあれば

本当の良い意味でのタイプもあるから

一概に昭和的価値観を悪し様に決め付ける事は出来ないのだな。