診断

 胃がんの診断は、次のような方法で行います。

 1.胃内視鏡検査

 「胃カメラ」と呼ばれる検査です。直径1cmほどのファイバーを口から胃の中に挿入して、胃の粘膜面を直接細かく観察したり、組織の一部を採取したりします。このように組織を採取して顕微鏡検査を行うことを生検といい、がんの確定診断をするうえで重要な検査となります。

 また、内視鏡の先端に小型の超音波装置を取り付けた超音波内視鏡検査がよく行われるようになってきました。がんの広がりを判定するのに有効です。

 2.X線透視

 バリウムを飲んで行うレントゲン検査のことです。

 粘膜の細かい観察能力では内視鏡に劣ってしまいますが、胃全体を一度に見られますので、大きな病変の観察や小さな病変の正確な位置判定に適しています。

 3.腹部CT、超音波検査

 転移の有無を知るために行います。

 4.注腸透視

 バリウムをお尻から入れて大腸の状態を見るための検査です。胃がんが腹膜に転移しますと大腸の形がイビツになることがありますので,腹膜転移の診断に役立ちます。

 5.腫瘍マーカー

 胃がんの一部のがんで、血中に特定の物質を分泌しています。これを腫瘍マーカーと呼んでおり、これを検出することで、がんの進行や再発の判定に役立ちます。

広告を非表示にする